トップページ何 其楽

プロフィール

何 其楽カ キラク

沖縄県立芸術大学大学院  芸術文化学研究科 2年

日本文化藝術奨学金(第25回/2020年)
分野比較芸術学
略歴古琉球時代と中国の貿易が非常に密接なので、沖縄出土した大量の中国陶磁器を発見された。だから博士課程では、沖縄出土青花磁を研究している。特にその中から大量に出土した中国明代空白期青花磁は非常に重要な地位を占めている。私は、沖縄出土明代空白青花磁をもとに、中国出土明代空白期青花磁との比較分析を通して、空白期青花磁の特徴をまとめる。空白期青花磁のシステム的な断代問題に対して一定の貢献があることを望む。
イメージ
首里城出土元代青花磁

このページの先頭へ