トップページ勅使川原 三郎

プロフィール

勅使川原 三郎テシガワラ サブロウ

舞踊家 / 振付師 / 演出家

日本現代藝術振興賞(第1回/1993年)
分野
略歴85年、宮田佳と共にカンパニーKARASを設立。以来、KARASと共に毎年、欧米主要都市の劇場や国際的な芸術フェスティバルに招かれ公演。西洋の模倣でもなく、日本の伝統や舞踏とも離れた全く新しい方向性を持った舞踊家・振付家・演出家として確固たる評価を得、世界のダンスシーンに多大な影響を及ぼす。欧州においてオペラ座バレエ団にレパートリー作品を創作した最初の日本人であり、現在も欧米の劇場やバレエ団から振付創作と振付依頼が相次いでいる。2003年にはパリ・オペラ座で振付。代表作に「Luminous」
「Absolute zero」「Here to Here」「Iwas Real-Doucuments」等がある。国内では2002年12月に新国立劇場で公演
イメージ

このページの先頭へ