トップページ村山 明

プロフィール

村山 明ムラヤマ アキラ

重要無形文化財(木工芸)保持者 / 日本工芸会参与

専門委員(2015年)
専門委員(2016年)
専門委員(2017年)
専門委員(2018年)
分野木工
略歴1966年京都市立美術大学(現、京都市立芸術大学)在学中に黒田辰秋工房にて新宮殿の飾り物および椅子・机等の制作を手伝う。卒業後黒田辰秋に師事。以降、伝統工芸展など数々の展覧会に出品、受賞歴多数。平成15年、重要無形文化財(木工芸)保持者<人間国宝>に認定される。自作以外にも黒田辰秋の作品修復を多数手掛ける。

このページの先頭へ