トップページイベント情報​【お知らせ】25周年記念助成事業 募集開始のお知らせ

イベント情報

2018年05月01日

​【お知らせ】25周年記念助成事業 募集開始のお知らせ

イメージ

 1993年に創設された日本文化藝術財団は、2018年の今年25周年を迎えます。
 この25年の間当財団では、育英事業「日本文化藝術奨学金」を通じて、表現や研究の分野で就学する88名の学生を支援して参りました。その多くは、卒業・修了後、社会に出てそれぞれの分野で活躍を始めています。
 そこで、25周年を迎える今年、育英事業「日本文化藝術奨学金」の給付を受けた方々を対象に、演劇、舞踊、美術、映像、伝統芸能など、2018年度に行われるその活動発表に対し助成活動を行う運びとなりました。この活動により、当財団の奨学生が更なる発展を遂げる一助となることを目指します。
 
 
【公益財団法人日本文化藝術財団 25周年記念助成】
募集期間:
2018年5月1日(火)〜5月20日(日)
 
対象者:
これまでに当財団の育英事業「日本文化藝術奨学金」の給付をうけた者

対象分野:
演劇・舞踊・美術・映像・伝統芸能・複合(分野を特定できない芸術活動)

対象となる活動内容:
対象者の活動発表を含み、公開をともなう芸術活動(展覧会、各種展示、展示をともなうワークショップ等/活動内容の記録・公開が可能な公演・シンポジウム等)
 
助成対象期間:
2019年3 月 31 日までに実施される活動
 
詳細は以下募集要項をご参照ください
25周年記念助成 募集要項
 

また、25周年記念助成のロゴマークが完成しました。

<ロゴ・コンセプト>
羽化をする蝶は美しさや変化の象徴。
吉祥文様として使われるモチーフでもあります。
日本文化藝術財団のロゴマークの花のイメージも残しつつ、助成25 年の記念にふさわしいシンボルとして選びました。
リボンのように見えるその形は、これまで結んできた縁。
軽やかな蝶は、花(日本文化藝術財団)から人(学生)へと繋ぐ架け橋であり、広い世界へ飛び出した奨学生の姿でもあります。(デザイナー:阿部由希)
 
 
今後25周年記念助成の活動を、この羽ばたく蝶々のロゴマークとともにお知らせして参ります。
 
 

イメージ

このページの先頭へ