25周年記念助成ページへ

トップページ25周年記念助成永井 天陽

イメージ

永井 天陽(ナガイ ソラヤ)

1991年10月09日埼玉県出身彫刻家

2014年に武蔵野美術大学造形学部彫刻学科を卒業。2016年に同大学大学院造形研究科修士課程美術専攻彫刻コースを修了した。アクリル素材の型に剥製やぬいぐるみなどの既製品を無理やり詰め込むことで互いの存在を曖昧にしてしまうメタラクションシリーズや、既製品の1部分を別素材に置き換えることでものとしての性能を奪い取ってしまう作品などを制作している。ものの意味や在り方をそっと問い直すことをきっかけに、誰も見たことがないような、新たな彫刻の在り方を追求したいと考えている。これまでの主な展示として、2014年個展「北に歩いて南へ向かう」(八角堂プロジェクト PHASE2014 Part3)青森県立美術館/青森、2015年個展「いつかのニュース」gallery blanka/ 名古屋、2017年個展「おおきなささやき」HARMAS GALLERY/東京 などがある。

【第19回日本文化藝術奨学金受給 (2014年度)】

25周年記念助成対象企画概要

  • ◆武蔵野美術大学彫刻学科研究室主催展覧会<2018/10/1-11/2/Gallery of The Fine Art Laboratory(東京都小平市)>

武蔵野美術大学内のギャラリーgFAL (gallery of The Fine Art Laboratory)で開催される、同大学彫刻学科研究室主催の企画による個展。大学4年の時に着想を得て、その後6年間取り組むメタラクションシリーズ(真空成形したアクリル板と剥製やぬいぐるみなどの既製品を用いたミクストメディア表現)の大型彫刻作品に加え、新たなシリーズ作品など、8点の新作を発表する。

選評

永井天陽は武蔵野美術大学彫刻科で学んだ。剥製、ぬいぐるみ、人形…それらを真空成形したアクリル板の中に入れた作品は、組み合わせることによる「内と外」の関係性に新たなるメッセージを生み出した。素材から意味を解体して実験し続ける制作姿勢は、組み合わせるモノの選択で意味が変化することを、心から楽しんで探求しているようだ。彼女には大学の展示室を実験の場にして、後輩達に大いに刺激を与える展覧会をして欲しい。継続して積極的に制作と展示をおこなうことで、新たな組み合わせの世界観を作り出す可能性を秘めている。これからは世界も意識し、大胆にモノとぶつかり合う作品を発表していくことを期待している。(原 高史)

活動ブログ

画像

2018年09月05日

個展「名無しのかたち」リリース

武蔵野美術大学内 Gallery ofThe Fine Art Laboratory での展覧会詳細

詳細はこちら


活動結果報告

助成対象企画終了後に公開します。

このページの先頭へ