25周年記念助成ページへ

トップページ25周年記念助成田中 望

イメージ

田中 望(タナカ ノゾミ)

1989年01月01日宮城県出身画家

2017年3月、東北芸術工科大学芸術工学研究科 芸術工学専攻 博士後期課程修了(芸術工学博士)。風土・歴史・社会事象などの総体としての「場所」を対象に、自らの体験をも含めた複合的な視点からアプローチを行い、「場所」との交渉の中から生まれる表現を探求している。また、自身のこうした一連の実践を「場所の芸術」として位置づけている。その他、地域でのプロジェクトにおいては、食や信仰・生業・移動や流通に着目したリサーチを行い、土地の成り立ちや文化的繋がりを物語的に表す作品の制作も行う。主な表現方法は絵画。イラスト・絵本・紙芝居なども制作する。2017年4月より仙台市内の文化施設に勤め、市民との協働事業などに携わる。

【第19回日本文化藝術奨学金受給 (2014年度)】

25周年記念助成対象企画概要

  • ◆陶芸家氏家昂大氏との二人展<2018/7/7-8/26/塩竃市杉村惇美術館企画展示室(宮城県塩竃市)>
  • ◆「アートみやぎ2019」展<2019/2/23-4/7/宮城県美術館(宮城県仙台市)>

塩竃市杉村惇美術館が主催する、若手アーティストの可能性に光を当てたVoyageプログラムとして開催される陶芸家氏家昂大氏との二人展。「塩」をテーマにした新作を含む絵画作品を展示する。また、宮城をめぐる今日の美術状況の一断面を提示する試み「アートみやぎ2019」(主催:宮城県美術館)に、五人展のひとりとして参加する。「仙台は東北随一の都市となるまでに、いくつかの歴史的な断絶を経験しており、それが仙台に感じる”何もなさ”に繋がっているのではないか。」をきっかけの問いとして、地域の勉強会に参加しながら制作を進め、絵画や調査資料による組み作品を発表する予定。

選評

田中望は東北芸術工科大学で博士号を取得。東北の風土や民俗学の文献調査、フィールドワークをおこない、各地の祭祀や民話などをモチーフに研究・制作を続けている。作品には絵巻物のように細部から全体へ、現代と歴史を交えた寓話的世界が描かれている。東北の各地域に関わりながらの文化活動、震災事業への参加などから、各地が持つ特性や歴史に物語を感じ取り、テーマを考え、自分の表現する物語として再構成している。作品を見ると、これからも田中は新たな「場」に呼ばれることとなる予感がある。更なる制作意欲を強く持って、その世界観を見せてほしい。今後も作家として成長し、国内外で活躍することを期待したい。(原 高史)

活動ブログ

画像

2018年07月09日

塩釜市杉村惇美術館での展覧会が始まりました!

7月7日より、塩釜市杉村惇美術館で、陶芸家の氏家昂大さんとの二人展「土のみち 土のさち」が始まりました。

詳細はこちら


活動結果報告

助成対象企画終了後に公開します。

このページの先頭へ