25周年記念助成ページへ

トップページ25周年記念助成笹川 治子

イメージ

笹川 治子(ササカワ ハルコ)

1983年01月01日大阪府生まれアーティスト

2015年「戦争画STUDIES展」を東京都美術館と共同主催で企画。2016年東京藝術大学大学院美術研究科博士号取得。同年博士論文「メディアと戦争——戦争画からゲームまで」を執筆。藤田嗣治の《アッツ島玉砕》に描かれたモチーフの検証をはじめ、作戦記録画や戦中プロパガンダにおける虚実について研究した。2017年に戦争画STUDIES展カタログを発行。同年、『いかに戦争は描かれたか』(BankARTschool)編集協力。現在「1940's フジタ・トリビュート展」(2018年7月28日〜8月15日)を計画中。戦争画と深いゆかりの深い東京都美術館で「没後50年 藤田嗣治展」が開催され、作戦記録画もふたたび展示される。この機に現代アートの手法を用いて争いの表象について考える展覧会とする。2019年台湾での台日交流展 「虚構のはずれ」(2019年1月10日〜4月17日)へも参加予定。

【第19回日本文化藝術奨学金受給 (2014年度)】

25周年記念助成対象企画概要

  • ◆「1940’sフジタ・トリビュート」<2018/7/27-8/15/東京藝術大学陳列館1•2階(東京都台東区)>
  • ◆台日交流展「虚構の外れ」<2019/1/10-4/17/國立臺北藝術大學關渡美術館(台湾・台北市)>

藤田嗣治没後50年にあたる今年(2018年)は、東京都美術館で大規模な回顧展(7/31-10/8)が開催され、藤田の《アッツ玉砕》が戻ってくる。「戦争」を巡って作り出されたイメージをテーマにしてきた笹川氏は、小沢剛研究室との協働でトリビュート展を企画、自身も現代アートの手法を用いて、メデイアと争いの表彰について考える作品を発表する。また、國立臺北藝術大學付属の關渡美術館で開催される台日交流展「虚構の外れ」に参加し、戦中にもただならぬ関わりのあった台湾と日本の姿を、現代アーティストの立場でアプローチする。

選評

パリ画壇の寵児として活躍した藤田嗣治は、日本美術史に大きな足跡を残すとともに、戦争画や日本との別離など、多くの論争の的ともなってきた。「藤田トリビュート展」は現代の作家たちが藤田嗣治の画業や生涯をもとに、その業績と意味を検証し、藤田が体現した矛盾や問いを現代の視点から再度問い直そうとする試みである。笹川治子は特に藤田の戦争画を中心に研究を行い、その成果を興味深い作品として発表してきた。今回の展覧会の企画においても中心的な役割を担っている。伝統を継承し新たな藝術文化の創造に寄与するという財団の事業の目的にも合致し、近現代の伝統を未来に引き継ぐ意義のある試みとして助成にふさわしい事業と考える。(成田 宏紀)

活動ブログ

画像

2018年07月27日

オープニングレセプション

7/28からの公開に先駆け、7/28にオープニングレセプションがありました。

詳細はこちら


画像

2018年07月26日

1940's フジタ・トリビュート展が始まります

7/28(土)~8/15(水)東京藝術大学陳列館にて

詳細はこちら


活動結果報告

助成対象企画終了後に公開します。

このページの先頭へ