25周年記念助成ページへ

トップページ25周年記念助成榊 貴美

イメージ

榊 貴美(サカキ キミ)

1983年04月05日和歌山県生まれ現代美術家

東京造形大学美術学科卒業、同大学大学院修了。国内外での個展・企画展等の作品発表と並行し、クリエイティブユニットS+N laboratoryを結成、別分野でも活動の幅を広げる。和歌山県「熊野」の地に生まれ、自然の美しさや豊かさと、自然の脅威、という両極の存在と身近に向き合い、こども時代を過ごす。生活の上でも作品をつくる上でもそのような両極が同時に存在するということは、自身の中で重要な意味を占めてきた。不可分の関係に興味を持ち作品を展開。来年秋には佐藤美術館で個展の開催を予定している。自身の作家活動とは別に展開してきたS+N laboratoryでは、ワークショップを含んだ参加型アート等を中心に、プロジェクト、コラボレーション、美術協力等、多岐にわたる活動を行う。活動の特徴として、人と町そして社会との関係を持ち展開している。

【第14回日本文化藝術奨学金受給 (2009年度)】

25周年記念助成対象企画概要

  • ◆「紀の国トレイナート」駅舎アートおよびワークショップ<2018/8/18-9/24 ※8/1より製作開始予定/JR朝来駅(和歌山県西牟婁)>

紀伊半島の海岸線にある12の街をつなぐ列車と駅舎アート企画の「紀の国トレイナート」に、白浜町出身の作家が西園政史氏とのクリエイティブユニットS+N laboratoryとして2014年から参加している。今年は、熊野古道の「口熊野」と呼ばれる上富田町にある朝来駅を舞台に、同町と地域の高校生等とともに「comeand go」と題した駅舎アートを展開。会期中ワークショップも予定している。

選評

一般市民の「アートは難解」という先入観を解こうとするプロジェクトで、創意を促す様々なワークショップを駅や車両、街などで実施している。今回で5年目、すでに地元での認知度は高く、自費を投じてまで「社会に対して画家ができる事」を積極的に推進してきた結果だろう。子どもの心の底に潜む「怖さ」をテーマにした絵画で高評価を得る彼女だが、事業の一例ではその世界観を含ませたシルエットを壁に黒板塗料で描き、そこに子供から老人まで自由に絵を重ねるなど、アートであふれる沿線や街を自分たちで創る喜びを与えた。今回は床を使った展開になるという。こうした地域への継続的な貢献が、やがて全国に伝播していくものと期待したい。(野口 和男)

活動ブログ

画像

2018年09月20日

紀の国トレイナート2018 ~朝来駅~

新が遅くなりましたが、朝来駅床絵が812日に完成しました。

詳細はこちら


画像

2018年08月08日

紀の国トレイナート2018がお盆明けに開催

紀の国トレイナート2018がお盆明けに開催いたします。
パンフレットも出来ましたのでイベント等こちらでご紹介したいと思います。

詳細はこちら


画像

2018年08月02日

紀の国トレイナート:朝来駅舎の制作が始まりました。

イベントのスタートは8/18です!

詳細はこちら


活動結果報告

助成対象企画終了後に公開します。

このページの先頭へ